毎日続けて飲める方法を選んでください

黒酢を飲む方法としては、3つの方法があります。

  • 料理に混ぜる
  • そのまま飲む
  • サプリメント型のものを飲む

ここでは、それぞれの飲み方について詳しく解説します。
あなたが最も手軽に、毎日摂取できるスタイルを選んでください。

料理に混ぜる

液体の黒酢には独特の味と酸っぱさがあるため、普通に水に薄めて飲む方法では少しハードルが高いと思います。

ですから、健康や美容のために黒酢を試してみたいという方は、まず食事の中に黒酢を入れて摂ることをオススメします。

食事の中に黒酢を入れて飲むのをオススメするのは、ただ単純に「味や酸っぱさが気にならなくなる」という理由だけではありません。

黒酢には消化吸収を促進し、食べ物の栄養素の吸収率を高める働きがあります。

この作用により、普通に食事をするよりも効率的に豊富な栄養を摂取することができるのです。

また、お酢にはビタミンCを破壊するアスコルビナーゼという酵素の働きを抑える効果がありますので、お酢を使うことでビタミンCを壊すことなく摂取することができます。

ですから、初めて黒酢を飲む方は、調理方法の1つとして黒酢を使用してください。

そのまま飲む

「わざわざ料理に使うのではなく、手っとり早く黒酢を飲みたい」
という方は、そのまま黒酢を飲むことをオススメします。

そのまま飲むときには注意して欲しいことが3点あります。

1日25~30mlを目安に飲む

1日に飲む量としては、食事で摂取する分も考えて1日25~30ml程度を目安にしてください。どれだけ多く飲んでも、1日50mlまでに抑えるように。

3~5倍程度に薄めて飲む

原液のまま飲むとき黒酢を飲むと胃腸の粘膜を刺激してしまうため、3~5倍程度に薄めて飲むことは忘れないように。

食後に飲む

食前の胃が空の状態で飲む場合にも、胃腸の粘膜を刺激しすぎてしまうので、食後に飲むようにしてください。

これらの3点を必ず守るようにしてください。

ちなみに、水で薄めて飲む場合、黒酢独自の味を楽しむのも良いですが、水で割った黒酢に「はちみつ」を加えることで、さらに飲みやすくなります。

多くの方が実践している飲み方なので、是非試してみてください。

サプリメント型のものを飲む

実は、最近はサプリメント型のものが主流になっています。

これは「黒酢は健康や美容のために良いとわかっているけど、あの独特の味が苦手・・・」という人のために各メーカーが開発しました。

ですから、黒酢独特の味や酸っぱさを苦手に感じている人も、簡単に黒酢の栄養素を摂取することができるのです。

また、サプリメント型のものは手軽さも魅力です。

液体のものは職場に持って行くことは難しいですが、サプリメント型であれば、職場でも旅先でも手軽に持ち運びができ、毎日欠かさず飲むことができます。

誰でも抵抗なく、簡単に飲めるので小さなお子さんから年配の方まで幅広い層に人気です。

どうしても液体のものが良い!というこだわりがなければ、サプリメント型を選ぶことをオススメします。