動脈硬化の予防に役立つ黒酢の成分とは?

動脈硬化は、文字通り「動脈がかたくなる」症状のことです。

動脈がかたくなることで、心臓に大きな負担がかかったり、臓器・組織が壊死したり、血管が破れやすくなります。最悪の場合は、脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞などを引き起こして、命を落としてしまう危険もあるのです。

この動脈硬化は、血液がドロドロな状態が続くと引き起こしやすくなります。
医学的にはこの状態のことを「高脂血症」と呼びます。

血液がドロドロになるのは、栄養バランスの悪い食生活や睡眠不足、喫煙、ストレスが溜まっているなど生活習慣の乱れが原因です。

特に栄養バランスが悪い食生活を送っていると、体内のコレステロール値や中性脂肪が高まり、血液がドロドロになる可能性が高まるのです。

こうした状態を解決するためには、まず生活習慣の見直しをしてください。

栄養バランスが良い食生活を送ることや禁煙など、生活習慣を変えることで、動脈硬化を予防することが可能です。

また、コレステロール値や中性脂肪をコントロールするときには、黒酢を飲むことをオススメします。

黒酢に含まれている必須アミノ酸「アラニン」という成分は脂肪を燃焼し、コレステロール値や中性脂肪値を下げ、血液をサラサラにする作用があります。

またクエン酸などの有機酸には血液の循環を改善し、血液が流れやすくする作用があります。

実際に心臓疾患と糖尿病を持つ患者さんに黒酢を毎日20ml飲んでもらう実験をしたところ、総コレステロール値や中性脂肪値が下がったという結果が出ています。

毎日黒酢を飲み、食生活を改善することで動脈硬化の予防をしてください。